海外で友達を作るには?英語を使った友達作りの6つの秘策

スポンサーリンク

海外に住む際、誰でも一度はぶち当たる、友達を作る方法。言語の違い、文化の違いが重なって、どのように友達を作っていけばよいのか、人知れず悩んだこと、ありませんか?私もシドニーに住み始めた頃は、英語で人に話しかけることすら苦手でした。それが今や、50%以上の友達は外国人。

海外で友達を作る方法は人それぞれやり方があるでしょうが、今回はいかに英語を使って友達を作っていったか、その秘策について紹介致します。

スポンサーリンク

学校や職場

クラスルーム、職場にいる全員と挨拶をしましょう。これはただGood Morning!という意味ではありません。今日は気持ちの良い朝だね、昨日何をしていたの?最近どう?といった話を目を見て話しましょう。また、共通点を見つけるようにしてください。例えば、昨日見たTV番組が一緒だった、食事の好みが近い、家が近い、バイト先が近い、などです。海外で英語を使って友達を作るためには、話す話題が必須です。

趣味

もし貴方に趣味があれば、それは非常に強い味方。スポーツや楽器は、言葉が通じなくても、ある程度一緒に楽しむことができ、海外で友達を作る段階での導入には非常に有効的な方法です。同じ時間を共有していくと、自然と話す機会が増え、また一緒に食事に行く機会も増えていきます。英語を話す機会が急激に増えます。私の場合、ヒップホップダンスが趣味で、仲間と一緒にシドニーのダンスコンテストに参加しました!思い出は人との繋がりを強めます。

バー

海外で一番気軽に友達を作ることができる場所はバーです。新しい出会いを求めてバーに集まる人が、シドニーには非常に多いです。ハッピーアワーにビール一杯を買い、立ち飲みしていると、たいてい誰かが話しかけてきます。もちろん自分から話しかけていっても、陽気に対応してくれます。私の場合、スポーツバーでサッカーやラグビーを観戦していた時、近くにいた人たちと友達になりました。

スポンサーリンク

日本のように一人暮らしというのが、シドニーにはほとんどありません。従って、家の中には必ず同居人がいます。海外では週末は良くホームパーティーを開きますので、そこに招待された同居人の友達を含め、友達を作る機会があります。ホームパーティはシドニーに限らず、西洋文化では一般的です。こういった習慣を利用することも、海外で友達を作る上では非常に有効な方法です。私はラテン系の人たちと一緒に住み、南米出身の友達がたくさんできました。

社会活動

ビーチクリーン、タウンクリーンなど、ボランティアで清掃する団体や、日本語や日本を学びたいという人との交流会が各地で催されています。英語を話す人たちと交流をもてる素晴らしい機会です。学校や職場に掲示板があり、そこに活動詳細が記載されています。同じ心意気の友達を海外で作ることも、素敵ですね。

Meetup(ミートアップ)

ミートアップとは趣味を共有したい、あるいは活動仲間を募集している主催者がインターネット上でイベントを開催し、参加者を集うというサイトです。このサイトは世界各国で主催されています。興味があるサークルをクリックし、自由に参加することができる為、海外で友達を作る為には非常に便利な方法です。私の場合、「17時から35歳の会」に参加し、社会的地位がある人や事業経営者、教師、大学の教授と友達になりました。飲み友達、ですが(笑)

Meetup

まとめ

  • 海外で友達を作る為には、自ら積極的に話題を作り、英語で話しかける必要がある。
  • 同僚、学校の友達以外に、ホームパーティーやバー、ミートアップといったイベントサイトを活用すると、より効率的に海外で友達を作ることができる。

同じ言語や同じ文化の人たちではない為、最初は英語に自信がなかったり、緊張したりしてしまいますよね。でも、だんだん慣れてきます。大切なことは、勇気をもって話しかけることです。不安なのは自分も相手も一緒です。これらの情報を参考に、海外で素敵な友達が作ることができるといいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする