元サッカー選手のベッカムのタトゥーには漢字がある!?話題の子供たちを含めた最新情報をチェック!

スポンサーリンク

元サッカー選手のデビット・ベッカムはご夫妻、その子供たちを含めて、現在もいろいろと話題の尽きないユニークなご家族ですよね。ベッカムは体の至る所にタトゥーをしていることは有名ですが、その中に謎の漢字で綴られたものがあることをご存知ですか?また、まだ小さいと思っていた子供たちもすっかり成長し、それぞれの道を歩き始めています。

今回は、ベッカムの漢字で綴られたタトゥーの意味と、成長した子供たちの最新情報についてご紹介致します。

ベッカムとは?

デビット・ベッカムは、マンチェスター・ユナイテッドやレアル・マドリードなど世界のビッグクラブに在籍した元プロサッカー選手です(2013年に引退)。日本でも2002年の日韓ワールドカップで大人気に!ハンサムなベッカムの髪型をまねた「ベッカムヘアー」が流行るなど、社会的現象となりましたね。

引退した現在も、その高い知名度で広告に起用されるケースが多く、また髪型・服装などが今なお注目されています。2017年に公開された映画「キング・アーサー」にて俳優デビューもしています。見逃されたのであれば、必見です!

ベッカムには漢字で刻まれたタトゥーがある!

噂の漢字タトゥー。引用元:http://www.thatsmags.com/image/view/201606/david-beckham-chinese-tattoo.jpg

デヴィッドは、過去訪れた中国の北京で、左わき腹に中国語のタトゥーを入れたと言われています。当時、中国のユースサッカー大使に就任したベッカムは、任務の一環として、北京大学で学生に向けて講演を行った後、「生死有命富貴由天」と中国語で刻まれたタトゥーを披露。これは「生と死は天運によって、富や名誉は神の御加護によって定められている」という意味です。

ベッカムは体の至る所にタトゥーがあることは有名です。例えば、妻のヴィクトリアや子どもたちの名前などを含めた20個以上ものタトゥーが刻まれています。日本ではタトゥーに対して肯定的な見方があまりありませんが、ヨーロッパ諸国や南米などではファッションの一環として行われていることがあります。文化の違いですね。

ベッカムの子供たちの最新情報

デビット・ベッカムと妻ビクトリア・ベッカムの間には4人の子供たちがいます。

ベッカム一家 引用元: https://www.thesun.co.uk/wp-content/uploads/2017/02/nintchdbpict0002623748341.jpg?strip=all&w=624

長男:ブルックリン・ベッカム

1999年生まれ。現在18歳。 ブルックリンは著名雑誌の表紙を飾ったりしたり、ブランドと広告契約を結んだりと、精力的に活動しています。特に写真が好きで、インスタグラムのフォロワーも数多く、今年2017年9月より写真を学ぶ為に大学へ進学したそう。徐々に自立への準備も進めているようです。

次男:ロメオ・ベッカム

2002年生まれ。現在15歳。バーバリーの広告を務めるなど、すでに自立できるだけの収入を得ていると言われる、ロメオ。将来の方向性はまだ決まっていないようですが、サッカーは興味がない、と父親のデビットベッカムに既に伝えているとか。将来はモデルか俳優でしょうか?

三男:クルス・ベッカム

2005年生まれ。現在12歳。昨年歌手デビューをしています。美しい声の才能があるようですが、まだ12歳ですので、将来の方向性はまだまだ先でしょうが、音楽や芸術に関係する仕事に就きそうな予感がしますね。現時点では、学校での勉強が第一である、とベッカムが伝えています。

長女:ハーパー・ベッカム

2011年に生まれ。現在6歳。愛らしい写真が度々公表されていますが、まだ小さな女の子。2017年4月に母親のヴィクトリアが商標登録を行ったと話題になりました。商用で娘の名前を使用するのではないかと思われますが、ちょっと普通の感覚からは思いつきませんね。参考までににベッカム家は全員が商標登録済で、兄たちも2016年12月に行っています。

まとめ

  • デビット・ベッカムの左わき腹にあるタトゥーは中国語「生死有命富貴由天」。意味は、「生と死は天運によって、富や名誉は神の御加護によって定められている」。
  • デビット・ベッカムには息子3人娘1人、合計4人の子供がいる。
  • 子供たちの最新情報は、長男は18歳で写真を学ぶために大学進学、次男は15歳で広告のモデル活動、三男は12歳で歌手デビュー、長女は6歳で名前を商標登録されている。

いつも何かと話題のベッカムとその子供たち、今後もベッカム家族の活動から目が離せませんね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする