爆発的人気のデュア・リパ(Dua Lipa)、その理由は?アルバムの人気曲もチェック

スポンサーリンク

若きポップ界の歌姫、「デュア・リパ(Dua Lipa)」が、先月8月に来日し、東京の幕張メッセで行われた、「サマーソニック2017」でそのパフォーマンスを披露しました。デビューをしてわずか2年にも関わらず、次世代のレディー・ガガとまで言われ、トップスターへの階段を駆け上がる、デュア・リパとはどんな歌手なのか、今回はその人気の理由と、最新アルバムとその曲についてご紹介します。

スポンサーリンク

デュア・リパ(Dua Lipa)とは?

デュア・リパは1995年生まれのイギリスの女性シンガー。コソボ共和国出身の両親を持つデュア・リパは、ロックミュージシャンとして活躍していた父親に持ち、子供の頃から音楽に慣れ親しんで育ちました。コソボ共和国とイギリスを行き来しながら育った彼女は、縁あって2015年にイギリスのワーナー・ミュージック・グループと契約し、その年の8月にデビューを果たし、瞬く間に人気シンガーに。

二枚目に出したシングル「Be the one」が大ヒットし、一躍有名となったが、デュア・リパ。イギリスのiTunesチャートでは、1年以上もの間ランキングのトップ3をキープするという異例の記録を持っています。さらに今年6月にファーストアルバム「DUA LIPA」を発売し、徐々にその売り上げを伸ばしています。

初のアルバム「DUA LIPA」引用元:https://upload.wikimedia.org/wikipedia/en/2/20/Dua_Lipa_%28album%29.png

デュア・リパの人気の理由

デュア・リパが好むR&Bやヒップホップといったジャンルに、父親の影響を受けたロックミュージックが融合し、独特のダークポップというジャンルの音楽を作り出していること、そして彼女の美しいハスキーボイスが、歌詞を反映させ、聞く人の心に残る、ということが、デュア・リパ人気の最大の理由であろう。

もちろん、彼女の意思の強そうな顔立ち、モデルとしての威厳ある振舞いも、プロとしての風格を漂わせ、憧れを抱かずにはいられないのかもしれない。現在、デュア・リパは、ファッション雑誌や化粧品とのコラボレーションを行っており、活動の場を広げています。

スポンサーリンク

デュア・リパのアルバムと人気曲をチェック

ファーストアルバムに収録されている人気曲のうち、「Be the one」、「Last Dance」、「Hotter Than Hell」、「Lost In Your Light feat. Miguel」、最新曲「New Rules」がオスススメですが、ここでは彼女が一躍有名となったセカンドシングル「Be The One」について触れたいと思います。「Be The One」の公式Youtubeは下記をご覧ください。

セカンドシングル「To be one」は好きな男性との関係がほぼ終わりに差し掛かっている状況の中で、必死に相手を引き留めようとする女性の心理を歌った曲です。価値観が違うのは仕方がないと思いながらも実際に相手が離れてゆき、一人の寂しさや希望のなさに途方に暮れ、「私の運命の人になって(つまり「Be the one」)と、心から叫びながら歌うデュア・リパの歌声がとても切ない曲です。

最新曲「New Rules」について

デュア・リパの新曲「New Rules」はダメ男を好きになった女性の心理を歌った曲です。この人は、自分にとって適切な男ではないとわかっているけれども、惹かれてしまう自分、それを断ち切る為にNew Rulesを作り、誘惑に負けない、と自分に言い聞かせる女性の葛藤が、デュア・リパにより表現されている曲です。男性問題に悩む多くの女性が、共感できる、そんな世界的に人気急上昇中の曲です。「New Rules」の公式You Tubeは下記をご覧ください。

まとめ

  • デュア・リパはモデル出身のイギリス人女性シンガーである。
  • デュア・リパ人気の最大の理由は、独特のダークポップというジャンルの音楽を作り出していることと、彼女の美しいハスキーボイスが、歌詞を反映させ、聞く人の心に残ることである。
  • アルバム「DUA LIPA」には「Be the one」などのヒット曲の他、最新曲「New Rules」も楽しめる。

私はセカンドシングル「Be the One」を毎日のようにラジオで聞き、あまりにも印象に残る曲であった為、調べたところ「デュア・リパ」というシンガーであることを知りました。それ以来、注目をしている若手歌手の一人ですが、新しい曲が出てくる度に目が離せません。見た目も魅力的なデュア・リパが素晴らしい恋をする度に、人気を超え、名曲が生まれるのではないか、と予感しています。今後も是非期待していきたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする