オーランド・ブルームの若い頃と現在―ケイティ・ペリーとの馴れ初め含む―

スポンサーリンク

ロード・オブ・ザ・リングで世界的に大ブレイクした、俳優オーランド・ブルーム。その美しい顔立ちと端正なスタイルに、多くの女性たちが魅了されましたね。そんなハンサムな彼を射止めた現在の彼女、歌手ケイティ・ペリー。2020年に女の子を授り、父親として忙しい日々を送っているようですが、二人の馴れ初めはどのようなものだったのでしょうか?今回はオーランド・ブルームの若い頃と現在について、見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

オーランド・ブルームとは

オーランド・ブルーム(Orlando Bloom)は、1977年生まれのイギリスの俳優。1997年に映画「オスカー・ワイルド」で映画デビュー後、映画「ロード・オブ・ザ・リング(原題:The Lord of the Rings)」でエルフ族のレゴラス役を務めたことで世界的にブレイクした俳優です。また「パイレーツ・オブ・カリビアン(原題:Pirates of the Caribbean)」でウィル・ターナー役を務めたことでも有名ですね。

私生活では2010年にファッションモデルのミランダ・カー(Miranda Kerr)と結婚して2011年に子供が誕生しましたが、2013年に離婚。現在は米国の人気歌手ケイティ・ペリー(Katy Perry)と婚約し、2020年に女の子を授かっています。

オーランド・ブルームのトリビアとしては、失読症で台詞を覚えるのに大変努力していること、仏教に興味があること、熱心なエコロジストでイギリスの自宅の電力はソーラーパネルでの供給へ切り替えたこと、環境保護への積極的な参加や、子どもの人権保護活動の為、ユニセフの親善大使として各国を訪問すること、などがあります。

オーランド・ブルームの若い頃

4歳の頃、ネルソン・マンデラの熱心な支援者であり人権活動家であった父親を亡くし、その後は父の友人に育てられますが、実はその友人が実父であったことを知り、深く悩んだというネルソン・マンデラ。母親は演技の道に真摯に向き合い邁進するよう強く後押し、イギリス・ロンドンの名門のギルドホール音楽演劇学校へ進学し、演劇を学ぶことに。

卒業後、映画「ロード・オブ・ザ・リング」でエルフ族の王子レゴラス役のオーディションに合格、スターへの道を駆け上がりました。その後、映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」のウィル・ターナー役、「トロイ」のパリス役など、ヒット映画に数々出演し、俳優としての地位を不動のものとしました。

プライベートでは、若い頃にケイト・ボスワースとの交際もありましたが、スーパーモデルのミランダ・カーと交際、2010年に結婚。男の子を授かりましたが、仕事の忙しさによるすれ違いが原因だったようで、結局離婚。その後ケイティ・ペリーに出会い、現在に至っています。

現在の彼女、ケイティ・ペリーとの馴れ初め

きっかけは2016年1月のゴールデン・グローブ賞受賞式。授賞式の合間に、ケイティ・ペリーが頼んだハンバーガーを、オーランドが横取り(?)し、その後パーティーで再会し、夜中まで意気投合した、というのが馴れ初め。独特のユーモアセンスがあるケイティ・ペリーはオーランド・ブルームに「私から奪ったハンバーガーの玉ねぎ、まだ歯に挟まっているの?」と話しかけ、会話が盛り上がってしまったとか。お尻フリフリ手招きをして、彼を誘ったとのエピソードもあります。

2016年5月には交際に交際発表。2017年には破局したものの復縁し、2020年に女児誕生し現在に至っています。

まとめ

  • オーランド・ブルームは若い頃、ロンドンの名門音楽演劇学校で学び、卒業後「ロード・オブ・ザ・リング」のオーディションに合格。
  • ケイティ・ペリーの馴れ初めは、ゴールデン・グローブ授賞式でのハンバーガー事件。
  • 現在は前妻との間の男の子と、ケイティ・ペリーとの間に生まれた女の子、2児の父親。子育てに多忙。

若い頃はハンサムで容姿端麗、というのが全面にありましたが、現在は家族や社会活動などへ興味が移ってきているようです。2021年に日本でも公開された映画「アウトポスト」が現段階での最新映画になるオーランド・ブルーム。ケイティ・ペリーとの愉快な馴れ初めのまま、幸せな家族を築き、俳優としても更に飛躍してほしいものですね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました