映画「ターザン(reborn)」の前作はあるのか?イケメン主演俳優の詳細もチェック!

スポンサーリンク

2016年に公開された映画「ターザン(reborn)」に主演した俳優を覚えていますか?高身長にうっとりするような筋肉質な体をした主演俳優はアレクサンダー・スカルスガルド。ターザンといえば、ディズニー映画のターザンの単なる実写版かというとそうではありません。今回は映画「ターザン」の主演俳優」とその前作についてご紹介します。

スポンサーリンク

映画「ターザン(reborn)」とは?

故郷コンゴのジャングルを去り、文明社会に復帰したターザン。イギリスの貴族、ジョン・クレイトンとして国務に携わりながら、妻ジェーンと共にロンドンで暮らしています。ある日、政府の命を受け炭鉱現場の活動を調査するためかつての故郷であるジャングルに呼び戻されます。実はそれは復讐のために企てられた罠で、妻ジェーンがさらわれてしまいます。映画「ターザン(reborn)」は愛する者たちを守るため、再び野生の姿となるターザンを描いた愛のストーリーです。

映画「ターザン(reborn)」の主演俳優は?

主役のターザンを演じたのは「アレクサンダー・スカルスガルド」。1976年生まれのスウェーデン出身のハンサムな俳優。8歳から子役として活動し、16歳からは学業に専念し、兵役後、イギリスとアメリカで演技を学び、当初はスウェーデンで活動していました。ちなみに父は名優ステラン・スカルスガルド。

イケメン俳優、アレクサンダー・スカルスガルド 引用元:https://pixel.nymag.com/imgs/daily/vulture/2017/03/30/30-Alexander-skarsgard.w710.h473.2x.jpg

代表作となったドラマ『トゥルーブラッド』では、スラリとしたヴァンパイア・エリック役を演じました。また、テレビドラマ「ジェネレーション・キル 兵士たちのイラク戦争」も大人気ドラマとなりました。

映画だと、2012年に公開された「バトルシップ」に準主役で出演。この映画はアメリカ海軍と日本の海上自衛隊の空母が、謎の宇宙船との戦いを繰り広げるSF映画。スカルスガルドは、主人公のホッパーの兄、ストーン役で出演しました。

スポンサーリンク

映画「ターザン(reborn)」の前作は?

『ターザン』と言えば、ディズニーのこのキャラクターを思い出す人も多いはず。1999年に制作されたアニメ映画「ターザン」は2005年にはターザンの少年時代を描いた「ターザン2」の続編も制作されました。では、これらのアニメ映画は、この映画の前作になるのでしょうか?実写版映画「ターザン(reborn)」とはどう違うのでしょう?

一つ目はストーリーの違い。ディズニー版では森で生まれ育ったターザンが人間のジェーンに出会って恋に落ちるという展開でしたが、映画「ターザン(reborn)」では英国貴族で実業家という設定です。すでに妻となっているジェーンを救うべく森に戻っていくという全く異なる展開になっています。

つまり、映画「ターザン(reborn)」1999年版の世界のその後を描いた作品といえるでしょう。原作でも触れられていない部分を映像化したことから、新しいターザンの世界を楽しむことができます。

まとめ

  • 映画「ターザン」の主役を演じたのは、スウェーデン出身の俳優アレクサンダー・スカルスガルド。
  • 映画「ターザン」の前作は特にはないが、ディズニー映画のストーリーよりも後の時代設計となっており、ストーリーは全く異なる。

個人的には、映画「ターザン(reborn)」の中で、俳優アレクサンダー・スカルスガルドの筋肉質な体が印象的でした。高身長に逆三角形のような上半身に、大きな手。この映画の為に、アレクサンダーは食事制限を含めた肉体改造をした、と言われています。役作りに熱心な、素敵な俳優「アレクサンダー・スカルスガルド」に今後も注目ですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする