恋の妨害?第2話「ブリジャートン家」シーズン2―みどころとあらすじー 

スポンサーリンク

あの大ヒットドラマ「ブリジャートン家」のシーズン2が配信開始され、世間を賑わせています。華やかな衣装や登場人物たちが織りなす恋愛・友情といった人間模様に、次の展開がなかなか読めないスリル感が人気を高めている「ブリジャートン家」。いったいどのようなドラマなのでしょうか?今回は「ブリジャートン家」シーズン2の各話の見どころとあらすじについて、見ていきたいと思います。今回は第2話について。

スポンサーリンク

シーズン2(第2話)の見どころとあらすじ

【シーズン2第2話のあらすじ】

「今季のダイヤモンド」のお墨付きをもらったエドウィーナに近づこうと、たくさんの若者がアプローチをする中、お目付け役のエドウィーナの姉ケイトが目を光らせ、品定めをするように。「ブリジャートン家」長男アンソニーはあらゆる作戦でエドウィーナに近づこうとしますが、ことごとく姉ケイトに蹴散らされてしまいます。エドウィーナは徐々にアンソニーに惹かれてゆき、姉のケイトは益々嫌悪感を抱くように。

【第2話のみどころ(ネタバレ注意)】

第2話では王室主催の競馬観戦で、アンソニーが無理やり割り込んできてエドウィーナに近づこうとし、ケイトはうんざり。さらに、ケイト自身に近づいてきた男性がアンソニーの指示によるものだと知り、憤慨。ケイトはアンソニーに対し、次第に先入観と嫌悪感を抱くように。

ケイトやエドウィーナらシャーマ家の人々の後ろ盾であるレディ・ダンベリーは、妹エドウィーナの結婚相手選びに干渉しすぎるケイトに指摘をしますが、ケイトは聞く耳持たず。ある日、レディ・ダンベリー主催の小さな夜のイベントが催されます。それはターゲットとなる結婚相手候補を招待し彼らに一芸させる、というもの。このイベントに長男アンソニーは自分が招待されていないことを知ります。

招待されないのは結婚相手に愛を求めていないからだ、と母バイオレットから指摘されるアンソニー。ここで引き下がれない彼は、急遽有名な詩人の言葉をメモし、レディ・ダンベリー家へ。準備した詩を朗読するつもりだったアンソニーは、それを止め、不器用ながらも自分の言葉で自分の気持ちを伝えます。一同がその誠実さに感動する中、ケイトはそれを認めることができず・・・詳細はNetflixで。

【第2話_その他の人々の見どころ】

「ブリジャートン家」三男のコリンが旅行から帰国。家族はもちろん、コリンに片思いのフェザリントン家のペネロペは大喜び。旅の様子や他の女性との出会いなど、色々聞きたいペネロペ。次女エロイーズは社交界新聞の印刷場所を特定し、筆者レディ・ホイッスルダウンの正体に引き続き奔走。そんなエロイーズの姿に、ペネロペはヒヤヒヤ。フェザリントン家の娘が結婚するも、新しいフェザリントン男爵は全く興味なし。フェザリントン夫人は、不信感を拭えずに落ち着かない様子。

ドラマ「ブリジャートン家」とは

「ブリジャートン家(原題:Bridgerton))」は、Netflix で配信されているオリジナルドラマです。19世紀初頭のロンドン社交界を舞台に、名門貴族のブリジャートン家の子供8人がそれぞれの愛と幸せを追い求める、というあらすじのドラマ。原作は、ジュリア・クインのベストセラー小説「ブリジャートン シリーズ」。ドラマの登場人物に様々な人種を配役し、当時の時代背景を踏まえながらも、華やかな衣装やセッティングなどで現代的な要素を盛り込んだ、恋愛ドラマ。現在シーズン2まで配信されています。

シーズン2のあらすじ(概要)

「ブリジャートン家」シーズン2では、ダフネの兄でありブリジャートン家の長男アンソニーが主役で将来のパートナー(妻)を探す、というお話です。ある日、インドから渡ってきたシャーマ家の姉妹が社交界デビューし、アンソニーは妹のエドゥイーナにターゲットを絞りますが、お目付け役の姉ケイトの妨害により苦戦。彼と結婚するのは一体誰なのでしょうか?

まとめ

  • 「ブリジャートン家」シーズン2では、シーズン1で旅に出かけた三男コリンが帰ってくる。
  • 第2話のあらすじ(ネタバレ注意)は、アンソニーがエドウィーナにアプローチすべく、あの手この手。
  • 第2話で、エドゥイーナはアンソニーに惹かれていき、姉ケイトのアンソニーに対する嫌悪感は増長する一方。

第2話、招かざるイベントにて、長男アンソニーが甘美な詩に頼らず、エドゥイーナに自身の思いを伝える姿は、ひとつの愛の形だと思います。頭がよく戦略的ではあるものの、責任感が強く真面目なアンソニーらしい一面を垣間見るシーン。エドゥイーナ以外の女性たちもキュンときていましたね。

順調な方向に向かうアンソニーとエドウィーナ。歯車が全く噛み合わないアンソニーとケイト。いつも完璧なケイトの心がざわつくのがわかりますね。アンソニーの発言後動揺して部屋に戻った姉ケイトを、レディ・ダンベリーが諭す場面が2話の終盤にあります。年の功か、ケイトの心を察し諫める姿はまさに人生の師匠。

アンソニーの愛の言葉やレディ・ダンベリーの言葉、是非Netflixでチェックしてみて下さい。「ブリジャートン家」シーズン2、次の展開はいかに?第3話へ続く。

補足:ドラマ「ブリジャートン家」の関連記事は下記の通り。合わせてご覧下さい。

【学習】英語字幕で海外ドラマーNetflix「ブリジャートン家」2ー

最悪の出会い?第1話「ブリジャートン家」シーズン2―見どころとあらすじー 
シーズン2がついに配信が開始された、あの大ヒット海外ドラマ「ブリジャートン家」。華やかな衣装や登場人物たちが織りなす恋愛・友情といった人間模様に、次の展開がなかなか読めないスリル感が人気を高めている「ブリジャートン家」。いったいどのような...
追憶!第3話「ブリジャートン家」シーズン2―あらすじとネタバレー 
あの大ヒットドラマ「ブリジャートン家」のシーズン2が配信開始され、世間を賑わせています。華やかな衣装や登場人物たちが織りなす恋愛・友情といった人間模様に、次の展開がなかなか読めないスリル感が人気を高めている「ブリジャートン家」。いったいど...
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました