最終回!第8話「ブリジャートン家」シーズン2―あらすじとネタバレー 

スポンサーリンク

あの大ヒットドラマ「ブリジャートン家」のシーズン2が配信開始され、世間を賑わせています。華やかな衣装や登場人物たちが織りなす恋愛・友情といった人間模様に、次の展開がなかなか読めないスリル感が人気を高めている「ブリジャートン家」。いったいどのようなドラマなのでしょうか?「ブリジャートン家」シーズン2の各話のあらすじ(一部ネタバレ)とみどころについて、見ていきたいと思います。今回は最終回第8話について。

スポンサーリンク

シーズン2(第8話)のあらすじと見どころ(ネタバレ注意)

【シーズン2第8話のあらすじ】

惹かれ合う互いの心に抗うことができず、一線を超えてしまったケイトとブリジャートン家の長男アンソニー。ハッピーな展開にはならず、乱れた心を取り戻すかのように馬を走らせたケイトは落馬し、大怪我。意識が戻らない日が何日も続き、深く悲しむアンソニーと周囲の人々。ケイトはどうなるのか?アンソニーとの恋は、どのような展開になっていくのか。登場人物の友情や愛情が複雑に絡み合う、第8話。

【第8話のみどころ(ネタバレ注意)】

ブリジャートン家のアンソニーとシャーマ家のケイトは、抗い続けるお互いの思いが限界を超え結ばれますが、後悔の念から心乱れて、ケイトの落馬という事故に繋がります。ケイトの体はなんとか回復していきますが、今後の二人の関係をどう対処していくのか、答えが見えず。

そんな中、妹のエドウィーナ、母親のメアリー、ブリジャートン家の人々は、責任感が強く、それぞれの家族の為に力を尽くしてきたケイトとアンソニーに対し、感謝の気持ちと自身の幸せに素直になることの大切さを伝えます。二人が出す答えは?詳しくはNetflixで。

【第8話_その他の人々のあらすじと見どころ】

ブリジャートン家次女エロイーズは、親友であるフェザリントン家のペネロペがレディ・ホイッスルダウンであることに気づき、ペネロペを激しく叱責します。親友の裏切りが許せないエロイーズ、親友を守りたかったペネロペ。二人の本音が8話の終盤で展開されます。フェザリントン男爵夫人は、フェザリントン男爵を見限り、子供達と男爵家の名を守る決断をします。フェザリントン夫人のセリフ、必見。

ドラマ「ブリジャートン家」とは

「ブリジャートン家(原題:Bridgerton))」は、Netflix で配信されているオリジナルドラマです。19世紀初頭のロンドン社交界を舞台に、名門貴族のブリジャートン家の子供8人がそれぞれの愛と幸せを追い求める、というあらすじのドラマ。原作は、ジュリア・クインのベストセラー小説「ブリジャートン シリーズ」。ドラマの登場人物に様々な人種を配役し、当時の時代背景を踏まえながらも、華やかな衣装やセッティングなどで現代的な要素を盛り込んだ、恋愛ドラマ。現在シーズン2まで配信されています。

シーズン2のあらすじ(概要)

「ブリジャートン家」シーズン2では、ダフネの兄でありブリジャートン家の長男アンソニーが主役で将来のパートナー(妻)を探す、というお話です。ある日、インドから渡ってきたシャーマ家の姉妹が社交界デビューし、アンソニーは妹のエドゥイーナにターゲットを絞りますが、お目付け役の姉ケイトの妨害により苦戦。彼と結婚するのは一体誰なのでしょうか?

まとめ

  • シーズン2第8話のあらすじは、ブリジャートン家のアンソニーとケイトの恋の結末が主な内容。
  • (ネタバレ注意)次女エロイーズ、レディ・ホイッスルダウンの件で、親友ペネロペと大喧嘩。
  • 8話での登場人物の新たな決断と人生、必見。

あらすじとは少し違いますが(ネタバレ注意)最終回第8話では、登場人物の新たな人生への第一歩が垣間見られます。主人公であるアンソニーとケイトの恋の結末の他に、登場人物それぞれに人生があることを改めて気付かされます。人は周囲との関連性があって、なかなか自分の思う通りには行きません。同時に、周囲が幸せをもたらしてくれることもあります。「ブリジャートン家」シーズン2完結しましたね。次回はシーズン3。今度の主役は誰!?今後もNetflixで要チェックです。

補足:ドラマ「ブリジャートン家」の関連記事は下記の通り。合わせてご覧下さい。

【学習】英語字幕で海外ドラマシリーズーNetflix「ブリジャートン家」2ー

「ブリジャートン家」の原作。各シリーズのあらすじ概要(一部ネタバレ)
華やかな衣装や登場人物たちが織りなす恋愛・友情といった人間模様に、次の展開がなかなか読めないスリル感が人気を高めている、ネットフリックスの大人気ドラマ「ブリジャートン家」。現在シーズン2まで配信されていますが、このドラマの原作があるのをご...
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました