財団活動で多忙なレオナルド・ディカプリオ、現在の彼女と結婚の可能性は!?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1997年公開の名作映画「タイタニック」で一躍有名になって以来、その容貌と演技力で人々を魅了してきたレオナルド・ディカプリオ。現在は、俳優以外に自身の財団でも積極的に活動しています。様々な映画に出演し、レオ様の愛称で親しまれてきた彼が、ハリウッドきっての大物独身俳優だということ、ご存知でしたか?なぜ彼は一度も結婚せずに現在に至っているのでしょうか?今回はレオナルド・ディカプリオの結婚に関する考えと、現在の彼女との結婚の可能性について、見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

レオナルド・ディカプリオ ー俳優および財団での活動とは?ー

レオナルド・ディカプリオ(Leonardo DiCaprio)は1974年生まれのアメリカの俳優、映画プロデューサー、環境保護活動家です。両親はドイツやイタリアにルーツをもち、レオナルド・ディカプリオは英語の他にドイツ語も堪能と言われています。両親は幼い頃に離婚し、母親に引き取られて育ちましたが、父親ともそれなりの交流があったようです。

1993年公開の映画「ギルバート・グレイプ」より俳優として開花し、以降「ロミオ+ジュリエット」「タイタニック」「アビエイター」など、頭角を表すようになっていきました。

また、レオナルド・ディカプリオは環境保護活動家としても知られています。1998年に環境保護団体「レオナルド・ディカプリオ財団」を設立。これまでに気候変動や再生可能エネルギー、野生動物の保護など、世界で200以上のプロジェクトに総額1億ドル(110億円)以上の寄付を行っており、講演やスピーチなど環境問題改善に対する取り組みに積極的に参加しています。彼の環境活動は下記のようにメディアでも取り上げられています。

「気候変動は現実。脚本のようにハッピーエンドに書き換えることはできない」──環境問題に挑みつづける俳優、レオナルド・ディカプリオ。【社会変化を率いるセレブたち】

また2022年3月、1000万ドル(約11億円)をウクライナ人道支援の為に寄付したことが発表されました。米ピープル誌などによると、レオナルド・ディカプリオは国連難民高等弁務官事務所やセーブ・ザ・チルドレンなど現地で人道支援活動を行っている複数の団体に個人的に寄付をした、と言われています。彼の社会活動への強いが伝わってきますね。

結婚せずに現在に至った背景とは?

3つの背景がある、と言われています。母親との関係、結婚に対する考え、体臭、です。幼い頃に両親が離婚し母親に育てられたレオナルド・ディカプリオは、母親をとても尊敬している、と言われています。正直で強い自分の母のような女性が理想なディカプリオにとって、母親を超える存在の女性に巡り合わなかった、ということでしょうか。

また、両親の離婚により貧しい環境から現在の富と地位を築いた、レオナルド・ディカプリオ。結婚しても離婚が耐えないハリウッドの世界で、慰謝料や財産分与などのマイナス面を見てきた上、自身の両親も離婚して自分の身上に至った為、結婚によりもたらされるポジティブな面よりも、ネガティブな部分が強いようです。華麗なる彼女歴がありますから、結婚するチャンスは多いはずです。

最後の一つは体臭。自身の財団を持ち、環境活動に熱心なディカプリオは、節水や石鹸やボディーソープといった環境への影響を配慮し、毎日シャワーを浴びない、と言われています。お相手(彼女)の方としては、少々気にしてほしいポイントですね。

日本をはじめアジア圏は水が豊かな上、高温多湿気候の為、毎日のシャワーは習慣ですが、乾燥あるいは冷帯気候の国々では、日々のシャワーの習慣はありません。余談ですが、香水という文化が欧米で発達した背景といわれています。日本でも昔、貴族がお香を焚くのは、体臭を隠すためでした。レオナルド・ディカプリオが歴代彼女たちとの交際期間が短いのはこの体臭のせいかか?といわれています。

現在の彼女との結婚の可能性

2017年よりカミラ・モローネ(Camila Morrone)と交際しているレオナルド・ディカプリオ。カミラは1997年アルゼンチン出身のモデル・女優。きっかけはカミラの母親の元恋人アルパチーノとディカプリオの交友関係から、と言われています。余談ですが、レオナルド・ディカプリオの歴代彼女の多くが20代前半のモデルが多いですね。

過去歴代彼女との交際期間が、1-2年と短いにも関わらず、カミラ・モローネとは4年以上になること、パパラッチにスクープされても穏やかに対応していることから、次のステップ(結婚)に進む可能性が高いのでは?と言われています。

まとめ

  • レオナルド・ディカプリオは結婚に対する考え方など、様々な要因があって現在も独身。
  • ディカプリオ財団での環境保護活動など、自身の結婚よりも力を入れたい社会活動がある。
  • 現在の彼女との交際期間の長さから、結婚に至る可能性がこれまでよりも高い。

レオナルド・ディカプリオは現在、環境活動家グレタ・トゥーンベリとも交流があり、彼女の活動を支持している一人です。俳優に財団を運営する環境活動家にと、様々な面を持つレオナルド・ディカプリオの今後の活躍に、引き続き注目していきたいですね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました