ジョニー・デップを守った、ケイト・モス。若い頃から振り返る、彼女の魅力と名言。

スポンサーリンク

世界的にその名を轟かせた、ファッションモデルのケイト・モス。入れ替わりや要求度の高いファッションモデルの世界で、確固たる地位と富を築いた彼女ですが、2022年前半に起きた、ジョニー・デップとアンバー・ハードの名誉毀損裁判事件で、若い頃の恋人、ジョニー・デップを擁護する証言をしたことで、話題を呼びました。今回はスーパーモデル、ケイト・モスの若い頃を振り返りながら、彼女の魅力についてみていきたいと思います。

スポンサーリンク

ケイト・モスとは

ケイト・モス(Kate Moss)は1974年生まれのイギリスのファッションモデル。これまで300冊以上の雑誌の表紙、広告に出演した世界的に有名なモデルです。アメリカのフォーブス誌が発行しているモデル所得番付で、2007年度から数年間、常に上位3位内にランクされたセレブでもあります。

私生活では過去、数多くの有名人との仲が噂になりました。その中でも、若い頃の恋人ジョニー・デップとの交際は有名。二人の交際は1997年まで3年間続きましたが、結局破局。2022年前半に起きた、ジョニー・デップとアンバー・ハードの名誉毀損裁判事件で、ジョニー・デップを擁護する証言をしたことで、話題を呼びました。20年以上前の恋人の為に、証言するというのは容易なことではありません。二人が固い絆で結ばれていたことを示す出来事でした。

ケイト・モスは、2002年9月に「Dazed & Confused」の編集長であるジェファーソン・ハックとの間に娘が生まれましたが、2004年3月に破局。ケイトの娘ライラ・グレース・モスは、モデルとしてキャリアをスタートしています。2011年にジェイミー・ヒンスと結婚しましたが、 2016年に離婚。現在は新恋人と噂されるニコライ・フォン・ビスマルクとの関係が注目されています。

若い頃

ケイト・モスの身長は167cmとファッションモデルとしては低め。子供の頃の夢は、銀行の支店長。15歳の時、イギリスの雑誌「ザ・フェイス」で表紙を飾り、モデルの仕事を開始。当時は、ナオミ・キャンベルを始めとする長身のスーパーモデルが主流であった1980年代に、170cm余りの細すぎない体型のケイト・モスは、ファッション業界の新しい風でした。

その後、順調にキャリアを積んでいき18歳の時、カルバン クラインの顔となったケイト・モスは、当時同じくモデルとして活動していた、マーク・ウォルバーグとともに下着のキャンペーンに起用され、香水「オブセッション」の広告にヌードで登場。この頃ケイト・モスは、多量の仕事とスターとしてのストレスにより、心身ともに疲弊し、入院をしたり飲酒の問題に悩まされていました。

2005年に薬物疑惑が報じられ、バーバリーやH&Mなどそれまで契約していた広告を全て打ち切られ、一時はモデル生命の危機に瀕したことも。そんな中、2006年「イギリス・ファッション・アワード」でモデル・オブ・ザ・イヤーがケイト・モスに送られました。ファッション業界の関係者が、ケイト・モスを擁護する形で、バーバリーやロンシャンなどの広告モデルとして復活します。

これまでに300以上の雑誌の表紙を飾ってきたケイト・モス。以降、 2013年には「PLAYBOY」誌の創刊60周年記念号の表紙に、2013年UK版「VOGUE」のコントリビューティング・ファッション・エディターに就任するなど、外見的な美しさのみならず、ファッション業界での功労者として、長きに渡り起用してきたブランド各社とのキャンペーン活動を行うなど、今なおファションモデルとして活躍しています。

ケイト・モスの魅力と名言

ケイト・モスの魅力はいくつもありますが、自信をもった態度と生き方、自身の直感に従って行動することが、まず上げられます。初めての相手であっても、昔からの友人のように気さくに接したり、相手が求めることにスピーディーに対応することが、ファッション業界の関係者の証言で明らかになっています。各メディアのインタビューを通して、いくつかの名言が残されていますが、有名なのはこの2つ。

不平を言わない。言い訳をしない。

ケイトの座右の銘は、94年から98年まで交際したジョニー・デップが教えてくれたというこの言葉。言うは易し、行うは難し。ジョニー・デップの人柄や生き方もうかがえる名言。

私は若きモデル達の母のような存在。

若い頃、モデルを始めた時に頼る者もいなかった自分を振り返り、モデルを志す女性たちの為の、モデルエージェンシーを2017年に創立。かつてのパーティーガール、ケイト・モスが、モデルの卵たちの保護者的存在になった名言です。

参考出典:ケイト・モス、スタイルと生き方を教えてくれるミューズの名言10 by VOGUE

まとめ

  • ケイト・モスは低身長ながら、ファッションモデル業界で不動の地位を築いたスーパースター。
  • 若い頃、ジョニー・デップとの交際経験あり。2022年の名誉毀損裁判で、元彼の為に証言。
  • 現在は、モデルを目指す若い女性達の母親的存在。

若い頃の経験は、後になってから人生の道標となることがあります。良い経験も苦い経験も、全て自分のものであり、見た目の若さとは違う人としての魅力に繋がっていきます。恋人との交際も、分かれる時は辛いですが、ケイト・モスとジョニー・デップのように、絆として確立されているのは素晴らしいこと。ケイト・モスの今後の活躍に、引き続き注目です。

【補足】ジョニー・デップに関連する記事はこちら。

大人の難局を乗り切る、ジョニー・デップ愛用の香水とは?
元妻のアンバー・ハードとの名誉毀損裁判に勝訴した、俳優ジョニー・デップ。映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズのジャック・スパロウ役で、人々に感動を与えた彼は、私生活で難しい状況に立たされていました。人生の様々な局面を共にする物には...
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました