年収1千万ドル以上!若手ラッパー、リル・ベイビーの魅力とは!?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アメリカには様々なラッパーがいますが、今注目されているのが若手ラッパー、リル・ベイビー。デビュー以来ヒット曲を連発し、グラミー賞にノミネートされるまで、成功の階段を駆け上がり、その彗星のような輝きに数多くのアーティストから注目されています。普通のアーティストが10年以上かけて手にする成功を、一体どうやって獲得したのでしょう?今回は、リル・ベイビーの成功の秘訣と魅力について、見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

リル・ベイビーとは

リル・ベイビー(Lil Baby)は1994年生まれのアメリカのアトランタ出身のラッパー、歌手、ソングライター、ヒップホップミュージシャン。2020年2月に2作目のアルバム「My Turn」をリリースし、自身初の全米チャート1位を獲得。またBillboardが発表した、2020年のアーティスト年収ランキングで、リル・ベイビーはなんと第4位に!今一番注目の若手ラッパーです。

音楽に関するコミュニティーが強いアトランタで、リル・ベイビーはラジオを征服しながらチャートのトップを飾り、グラミー賞にまでノミネートされたわずか数年の間で、アトランタのヒップホップ界に大きな影響を与えた男性です。他のアーティストが10年かけて手にする以上の成功を、短期間で成功の階段を上り詰めた、ということです。

ラッパーとしての成功の秘訣と魅力

今回調べてみてわかったことは、リル・ベイビーは人間関係構築とネットワークの構築が、非常に上手だということ。「勝つ」というアスリートのような精神で、ラップと向き合い、準備に十分時間をかけて腕を磨き、学び続けている、不屈な精神の持ち主だということ。10代の少年時代から家族を養うために、時には危ない橋も渡り、キャリアが一旦幕を閉じた時期もありました。

その後、インスタグラムに投稿するようになった動画の一部がラッパーのヤング・サグの目に留まり、この若きラッパーを丁寧に指導していきました。ヤング・サグとの契約によってやる気に火がついたリル・ベイビーは、レコーディングに没頭するようになり、地元の名門クオリティ・コントロールと契約するに至ります。

2017年になってリル・ヨッティやヤング・サグなど、アーティスト達との一連のコレボレーション曲を収録したデビュー・ミックステープ「Perfect Timing」をリリース。リル・ベイビーの魅力の一つに、人生をより良いものにするための足掛かりとして、自らの過去に基づく実体験をラップしている、という点が挙げられます。世の中の注目度が上昇する中、2018年にデビュー・アルバム「Harder Than Ever」をリリースした。

年収は1000万ドル以上!

2020年はコロナの影響もあり、アーティストたちにとっても非常に難しい年でした。そのなかで、2020年に最も多くの収入を得たアーティストをBillboardが発表しましたが、その中からリル・ベイビーがなんと年収第4位にランキング!収入額は11,700,000ドル(日本円:約12億8079万円)。それだけの活躍、すばらしい音楽を生み出しているので、納得ですね。

まとめ

  • リル・ベイビーは、今注目のアメリカの若手のラッパー。
  • 成功の秘訣は人間構築と上手さ、不屈の精神。自身の体験談をラップしているのも魅力。
  • リル・ベイビーの2020年での年収は日本円にして12億。

リル・ベイビー、ラッパーのドレイクを始め、様々なラッパーともコラボしているようです。今後も引き続き、活動動向に注目していきたいですね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました