エマ・ワトソンの歴代彼氏を反映した映画!?「美女と野獣」の曲を含めた見どころチェック!

スポンサーリンク

エマ・ワトソン主演の実写版映画「美女と野獣」(英語表記:Beauty and the beast)が素晴らしい作品となり、日本でも公開された2017年4月。ハリー・ポッターのハーマイオニー役で一躍有名になったエマ・ワトソン。長きに渡るハリーポッターシリーズで既にイメージが定着しているが、エレガントな雰囲気が漂うや、ハリーポッターシリーズで培ったロマンティック感溢れる演技力が、主役のベル役にとてもマッチしている。

映画「美女と野獣」の公式HPは下記参照。

実写版映画「美女と野獣」

「美女と野獣」はミュージカル映画で、出演者がそれぞれのシーンで歌われる曲を楽しめるのも魅力の一つだ。相手役の「野獣」を演じるダン・スティーブンスは表情豊かな野獣の姿でいるが、本来はハンサムな男性。エマ・ワトソンの歴代彼氏がハンサムだと噂されたことがない為、内面を見抜き、重視する彼女の姿が演技にも反映されているのだろうか?今回は「美女と野獣」の曲を含めた見どころと、エマの野獣相手(歴代彼氏)をチェックしてみた。

スポンサーリンク

実写版映画「美女と野獣」のあらすじ

人を外見でしか判断しない、美しい王子が、呪いによって醜い野獣の姿に変えられてしまう。魔女が残した一輪のバラが散る前に、誰かを愛し、愛されることができなければ、永遠に人間には戻れない、という呪いで、その城の中で、希望を失いかけていた野獣と城の住人たちの孤独な日々に変化をもたらした、美しい村の娘ベル。彼女と本当の自分の価値を見出せずにいる野獣の出会いは、どんな奇跡を生むのかを描く。「美女と野獣」の予告編は下記動画参照。

「美女と野獣」の出演者たちとその歌唱力

役の中では歴代彼氏の一人にカウントされる野獣役のダン・スティーヴンスを始め、「美女と野獣」では、ドラマや映画の経験よりも、曲も大切にする演劇や舞台の経験が豊富なのイギリス人俳優を多く起用している。エマ・ワトソンの歌声は非常に澄んでいて、聞く人の心に心地よく残る。ポット夫人役のエマ・トンプソンの名演を筆頭に、ガストン役ルーク・エヴァンスなど脇役も素晴らしく、豪華キャストが揃っているのが特徴。

「美女と野獣」で注目すべき曲は3つ

まず一つ目は、城内の小物や道具たちが歌う子守歌「Days in the Sun〜日差しをあびて〜」。二つ目は、城からベル(エマ・ワトソン)を解放した野獣(ダン・スティーヴンス)が、彼女が去ってしまったことを悲しみながらも愛を知った喜びを歌う「Evermore(ひそかな夢)」、そして3曲目は「How Does A moment Last Forever(時は永遠に)」。この曲はいつも身近にある思い出をテーマにした、「美女と野獣」の山場となる曲である。

スポンサーリンク

エマ・ワトソンの歴代彼氏も野獣系?

世界的に有名な女優の地位を確立したエマ・ワトソンの歴代彼氏は、いわゆるイケメンではない。ジェイ・バリモア (交際時期2008年~2009年)は7歳年上の投資家、ウィル・アダモウィッツ (交際時期2011年~2013年)は同じオックスフォードの大学院に通うお金持ちの御曹司、現在交際中のウィリアム・マック・ナイトはIT企業家であるが、いずれもハンサムというよりは知的というのが印象。

ここでは写真を掲載して比較検討はしないが、エマ・ワトソンは「美女と野獣」のベル役同様、外見よりも中身を重視する傾向にあるようだ。ベルのように、歴代彼氏の価値を見出すのがエマ・ワトソンなのかもしれない。

まとめ

  • 「美女と野獣」では曲も大切にする演劇や舞台の経験が豊富なのイギリス人俳優を多く起用している。エマの歌声は澄んでいて心に残る美しさ。
  • 「美女と野獣」で注目すべき曲は3つあり、一番印象的なのが「How Does A moment Last Forever(時は永遠に)」
  • エマ・ワトソンの歴代彼氏は「美女と野獣」の野獣のように、外見よりも中身が魅力的な男性が多い。

実写映画「美女と野獣」はテーマ曲を含め今年、名誉ある賞を受賞するかもしれません。映画館で見逃した方は、DVDで是非ご鑑賞してみてください?エマ・ワトソンの将来のパートナーが歴代彼氏のうちの誰になるのかも見逃さずに。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする