なぜ人気?曹操に別れを惜しまれるほどの男、関羽の魅力に迫る

スポンサーリンク

テレビゲームやドラマ・映画の登場人物としてよく登場する関羽。中国三国時代には様々な英雄がいますが、中でも三国時代のエースである魏国の曹操から一目置かれ、別れを惜しまれるほどの人物であった、と言われています。なぜ関羽はそんなに人気なのでしょうか?また武人の彼がなぜ商売の神様として、崇められ祀られているのでしょうか?今回は関羽の魅力について、見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

関羽とは

関羽(中国語発音:Guān Yǔ)は中国三国時代に活躍した武人。生年月日は不明です。関羽、関雲長、関公などと呼ばれています。三国時代は、魏、呉、蜀の三国があり、関羽は蜀の国の王様劉備に仕えていました。劉備には関羽の他に、諸葛亮孔明や張飛といった部下がいました。三国志演義によると、劉備・関羽・張飛は、宴会にて義兄弟の誓いを結び、生死を共にする宣言を行った(桃源郷の誓い)という逸話があります。

関羽は大柄で長い顎髭が特徴。赤兎馬に跨って戦ったことでも有名です。赤兎馬は大変珍しい馬で、他の馬に比べてスタミナがあり、長距離長時間走行に耐えられる馬。現在も世界で数千頭しかいません。関羽が乗っていた赤兎馬は、曹操から送られたものと言われています。

関羽との別れを惜しむ曹操

200年曹操暗殺計画があった際、劉備の加担を知った曹操は激怒。曹操の激しい攻撃に劉備は落ち延びますが、関羽は捕虜となります。この時関羽は、曹操から手厚く礼遇されました。関羽は将軍に任命され手柄をたてますが、曹操からの恩賞は受け取らず、別れの手紙を残して劉備の元へ戻ります。このように、一時的に関羽は曹操率いる魏軍に居た時期があります。

赤壁の戦いで劉備・孫権の連合軍に敗れた曹操は、命からがら脱出する際、関羽の軍に遭遇しますが、関羽は曹操を見逃した、と言われています。これは命令違反。関羽は自身の命よりも、義理や恩を選んだことになります。

219年、関羽は樊城を守る曹仁を攻撃。曹操は援軍として于禁を送りますが、于禁は降伏。この頃、曹操に反旗を翻す者たちを恐れた曹操は、都を移すことまで考えましたが、側近たちは曹操に孫権と組んで、関羽の背後を突く策を提案。これにより、関羽は敗北・戦死。関羽の首は孫権より送られ、曹操が手厚く葬っています。関羽の主、劉備ではなく、敵である曹操により、です。

関羽はなぜ人気?

三国志の中で、関羽の兄弟分に張飛がいます。どちらも人気が高く、中国では一緒に酒を飲みたい張飛、神様になった関羽、と言われるほどです。関羽は武人ですが、武人の神として祀られているのではなく、中国や日本、東南アジア諸国のエリアで、商売の神様として祀られているのはなぜでしょう?

関羽は軍人として強かったですが、一番強かったわけではありません。軍人としては呂布、軍隊を率いるのであれば曹操が一番強かったというのが通説です。三国時代は戦争の時代。人を殺し、裏切り、地位や恩賞の為に生きるのが当たり前でした。曹操の残虐非道さは皆が知るところだったはず。そんな曹操が、敵の武将である関羽をもてなしたり、相手の地位や名誉を損なわないように配慮するのは、関羽を心から尊敬していたからに他なりません。

曹操は一時的に関羽を預かっていましたが、劉備の元へ戻るであろう関羽と別れたくない為、別れの挨拶をしに来る関羽に対し、居留守を使って引き伸ばした、と言われています。なんだか子供のような曹操です。

役割は果たすが欲しいのはお金や地位・名誉よりも、義理と恩。そうありたいと願う人は多くでも、命尽きるまで、それを貫くことができる人は、いったい何人いるでしょうか?ビジネスを行っている方はよくご存知かと思いますが、商売に信頼関係は欠かせません。とりわけ、商売の根底に信頼関係を重んじる、東アジア、東南アジア諸国の国々において、関羽が神として祀られ人気な理由が、そこにあります。

まとめ

  • 関羽は三国時代に生きた武人で、劉備の義弟。
  • 関羽は敵将曹操に別れを惜しまれるほど、信頼される人物であった。
  • 人気の理由は、お金・地位・名誉・自分の命よりも、義理と恩を重んじたことにある。

歴史に名を刻む人には様々なタイプがいます。残虐非道で悪名高い人、悲運な人、勇敢な人、そして関羽のように義理や恩を重んじる精神性の高い人。今となっては歴史書や言い伝えから想像するしかありませんが、曹操のような敵達からも一目置かれ、別れを惜しまれる関羽がなぜ人気なのか、神様として祀られる点から勘案しても頷けますね。歴史から学ぶ、今回は関羽でした。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました