病気と戦うレディー・ガガ、その治療法と支える現在の彼氏について

スポンサーリンク
スポンサーリンク

独自のファッションセンスのみならず、卓越した歌唱力と画期的なダンスで、世界中の人々を魅了するレディー・ガガ。映画「アリー/スター誕生」では、アリー役で渾身の演技を見せてくれましたね。そんな彼女はここ数年、ある病気に悩まされて、治療を受けていたことを告白。現在は快方に向かい、彼氏との関係も順調なようです。一体彼女に何があったのでしょうか?今回は大スター、レディー・ガガについて見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

レディー・ガガとは

レディー・ガガ(英: Lady Gaga)は1986年生まれのアメリカのシンガーソングライター、音楽プロデューサー、女優、実業家。革新的なダンス音楽と、卓越した歌唱力、そして独特のファッションやパフォーマンスで世界的人気を誇るアーティストです。女優としても活動しており、2018年公開の映画「アリー/スター誕生(原題:A Star Is Born)」では、アカデミー主演女優賞にノミネートされたほど、演技にも実力があります。

またジェンダー差別やいじめの撲滅に向けた運動、貧困問題に対する支援を行うなど、現在は社会貢献活動も積極的に行っているパワフルな女性です。

レディー・ガガが患う病気、その治療法

レディー・ガガはここ数年、心的外傷後ストレス障害(PTSD)と 線維筋痛症と診断され、治療を受けています。PTSDは生死に関係する危険な出来事に直面した後、その体験の記憶がフラッシュバックのように思い出されたり、悪夢に見たりすることが続き、不安や緊張が高まったり、辛さのあまり現実感がなくなったりする状態です。

また線維筋痛症は身体のあちこちに痛みが出る病気で、男性よりも女性に発症する率が高いと言われています。残念ながら線維筋痛症の発症原因は、現在解明されていない為、明確な治療法はありませんが、痛みを脳に伝える神経や痛みのシステムに問題のあるとされています。

この問題の背景には、自身が19歳の時に受けた性被害が原因である、と2021年Apple TV+の「The Me You Can’t See」に出演した際、レディー・ガガが語っています。「ゆっくりと心の健康を癒すプロセスにより、少しずつ自分の怒りや悲しみといった感情をコントロールし、着実に前へ進めるようになった。自身の身体を労わったり、心のセラピーを学ぶのに、2年半を要したが、ようやく呪縛から抜け出せた」と。心身共に少しでも彼女の症状が改善方向に向かうよう、願わずには言われません。

現在の彼氏

レディー・ガガの現在の彼氏は、マイケル・ポランスキー(Michael Polansky)。2019年の年末にキスしている姿がパパラッチされ、2020年2月には交際を発表しています。マイケル・ポランスキーは、アメリカのハーバード大学卒で、サンフランシスコを拠点とするパーカー・グループの中で、がんと闘うための新しい免疫療法を開発する研究機関であるパーカー・ファウンデーションで、エグゼクティブ・ディレクターとして働いています。2021年1月、二人はジョー・バイデン新大統領就任式に参列しています。特にレディー・ガガは、力強い歌声を披露してくれましたね。

二人の熱愛状況はインスタグラムで公開されています。現在、二人の交際は順調のようですが、結婚に関する話題はまだありません。ただ、レディー・ガガ自身が愛の本気度を公言していたり、二人が既にカップルのような形で公の場に登場していることから、次のステップへの進展はもうまもなく、という味方が強いです。

まとめ

  • レディー・ガガの患っていた病気は、心的外傷後ストレス障害(PTSD)と 線維筋痛症。音楽セラピーなどの治療を受けていた。
  • 現在の彼氏(マイケル・ポランスキー)との現在の関係は極めて良好。

「Me Too」運動や「Time’s Up」運動など、性に関する被害撲滅に向けた活動が積極的に行われるようになってきた今日。レディー・ガガの勇気ある行動に、心から敬意を評します。彼女のファッションや歌声、独特の力強いパフォーマンスは、現代を生きる我々、特に女性にパワーを与えてくれる存在ですね。病気による症状が少しでも緩和され、また効果的な治療法が確立されることを願いつつ、また今後の更なる活躍や現在の彼氏との幸せな人生を応援したいものです。レディー・ガガの今後に、引き続き注目です。

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました