トム・ホランドのスパイダーマンが終わり!?現在の彼女が理由?抜擢されたきっかけとは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2017年から映画「スパイダーマン」シリーズの主役スパイダーマン(ピーター・パーカー)役として、世界的に有名になったトム・ホランド。2022年1月、日本でも新作映画が公開され、プロデューサーにより新たな3部作の続投が公表される中、スパイダーマン役はこれで終わり、を匂わせる発言をしているトム・ホランド。そもそも無名だった若手俳優が抜擢されたきっかけとは一体何だったのでしょうか?また終わりと発言している背景は、現在の彼女にあるとも言われていますが一体何なのでしょうか?今回はトム・ホランドに関する真相について見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

トム・ホランドとは

トム・ホランド(Thomas Holland)は1996年生まれのイギリス人俳優。父親は作家、母親は写真家、4人兄弟の長男。子供の頃はダンスが得意で、その後俳優デビュー。2017年より映画「スパイダーマン」シリーズの主役に抜擢され、一躍スーパースターとなった若手俳優です。

スパイダーマンに抜擢されたきっかけ

スパイダーマンと言えば、マーベルコミックス作品の中でもキャプテン・アメリカ、アイアンマンなど筋骨隆々で完全無欠のヒーローとは違い、ごく普通の高校生が様々な葛藤や悲しみを乗り越えながら、ヒーローとして成長していく姿が読者の心を掴んだ作品。過去2シリーズの映画では、トビー・マグワイア、アンドリュー・ガーフィールドが悩める主人公の青春と葛藤を演じてきました。

注目と期待の集まるスパイダーマン役に、ほぼ無名ながら抜擢されたのがトム・ホランド。きっかけは、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)を立ちあげたプロデューサーでもあるファイギが、当時一緒に成長していける、他のマーベルヒーロー達と対等に演じることができる最年少の主役ピーター・パーカーを探していたこと。

映画「シビル・ウォー キャプテン・アメリカ」の撮影中に、ロバート・ダウニー・Jr.と一緒に台本の読み合わせをし、トム・ホランドはダンスで鍛えた身体のしなやかさとスタントパフォーマーとしての能力の両方を持っていたことが、他の候補者よりもポイントが高く、採用のきっかけに。また、俳優クリス・エバンスやロバート・ダウニー・Jr.の前で、堂々とパフォーマンスをしたり、自然に交流できたことも最終選抜での決めてとなったようです。

最新版は2021年公開の「スパイダーマン ノー・ウェイ・ホーム(Spider-Man: No Way Home)」。日本でも2022年1月に映画公開されました。

スパイダーマン役、終わり!?

プロデューサーであるエイミー・パスカルはトム・ホランドを含めた新しい3部作を作る計画でいるようですが、トム・ホランドはスパイダーマンの役は終わりにする意向をメディアに伝えてたことで、ちょっとした騒ぎとなっています。

米ピープル誌によると「スパイダーマンを演じるのは本当に楽しかった。この機会をくれたことを感謝したい。でも終わりを告げる準備はできている。」と発言。また別のメディアでは、トム・ホランドは休暇が必要であることと、プライベートを充実させたいと考えおり、結婚して子供を持ち、家庭を作りたい意向が強いよう。ちなみに現在の彼女は、映画「スパイダーマン」シリーズで共演したゼンデイヤ(Zendaya)。

プロデューサーであるエイミー・パスカルは、以前トム・ホランドとゼンデイヤを別々の部屋に呼び、彼氏彼女の関係にならないように進言したことがあるそう。これはプライベートのことで演技に支障がでないようにする為、また過去に共演者同士がカップルに発展したことから、念押ししたようです。トム・ホランドがスパイダーマンは終わりといっている背景は、こうした背景もあるのかもしれません。

まとめ

  • トム・ホランドがスパイダーマンの主役に抜擢されたきっかけは、身体のしなやかさとスタントパフォーマーとしての能力、大物俳優たちとの自然な交流。
  • スパイダーマン役終わりの真相は、トム・ホランドが結婚や家族など、プライベートを充実させたい為。
  • トム・ホランドの現在の彼女は共演したゼンデイヤ。

スパイダーマン役として必要な身体のしなやかさやパフォーマンスが、抜擢されたきっかけなのは納得ですね。この5年間、仕事に打ち込んできたことからトム・ホランドには休暇が必要なのかもしれません。家族を作りたいと語っているのも、年齢的にとても健康的で自然なこと。いずれはスパイダーマンの役が終わりの時が来ることを覚悟しているだけで、今すぐ終わるという意味ではない、と自分は捉えています。今後のトム・ホランドの活躍、現在の彼女とのその後にも期待したいですね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました