サラ・ジェシカ・パーカーが離婚をテーマにしたドラマに挑戦!代理母で授かった子供たちとの現在の幸せもチェック!

スポンサーリンク

アメリカのニューヨークを舞台にした人気TVドラマシリーズ「セックス・アンド・ザ・シティ(Sex and The City)」で主役の一人「キャリー」を演じたサラ・ジェシカ・パーカー(Sarah Jessica Parker)が、ニューヨークを舞台にする離婚をテーマにしたTVドラマシリーズ「ディボース(Divorce)」に帰ってきました!シーズン1は既に昨年2016年に放送されましたが、シーズン2も2018年の放送に向けて撮影準備中とのこと。

「セックス・アンド・ザ・シティ(Sex and The City)」で天真爛漫なキャリーのキャラクターが世界中に浸透しているサラ・ジェシカ・パーカーが、「ディボース(Divorce)」でどんな姿を見せてくれるのか、また実生活では代理母で授かった子供を含め3人の子供の母親である、サラ・ジェシカの現在の様子をご紹介します。

スポンサーリンク

サラ・ジェシカ・パーカーとは?

1965年生まれのアメリカ合衆国の女優で、1998年放送開始のテレビシリーズ「セックス・アンド・ザ・シティ(Sex and The City」で、主人公のキャリーを演じ、人気を確立しました。この作品でゴールデングローブ賞主演女優賞を4度、エミー賞主演女優賞を2度受賞した。このキャリー役以降、アメリカではファッションリーダー的存在でサラ・ジェシカのスタイルを真似する女性が増出し、日本でも社会現象となった大女優です。

現在も大人気のサラ・ジェシカ・パーカー 引用元:https://peopledotcom.files.wordpress.com/2016/05/hair-sjp.jpg?w=1928

1997年に俳優のマシュー・ブロデリックと結婚し、2002に長男を出産、2009年には代理母出産で双子の女児が誕生し、現在3人の子供の母親であるサラ・ジェシカ・パーカーについての詳細を知りたい方は下記をご覧ください。

サラ・ジェシカ・パーカー(Sarah Jessica Parker)

離婚をテーマにしたTVドラマ「ディボース」とは?

ニューヨークを舞台に、10年以上結婚生活を送ってきた夫婦の泥沼離婚劇を描いたダークコメディーです。愛を感じない夫と反抗期の子供二人の生活の中で、50歳を迎えたフランシス役のサラが、離婚を切り出して人生を変える決意をするところからドラマがスタートします。

思い切って離婚を決心したものの、今後の人生への不安や、子供たちのことを考えると簡単に行動に移せない妻。一方、離婚を切り出された夫は大人気ない態度を取り始め、事態は泥沼離婚バトルへと化していきます。「ディボース(Divorce)」の公式予告編は下記動画をご覧ください。

「セックス・アンド・ザ・シティ(Sex and The City)」で、女性の生き方をさまざまな角度から模索してきたサラ・ジェシカ・パーカー。「ディボーズ(Divorce)」でも、離婚という事態に、ただ感情的になったり諦めたりするのではなく、新しい道を探す現代女性らしい姿を魅力的に演じています。ディボーズ(Divorce)について詳しく知りたい方は下記をご参照ください。

ディボーズ(Divorce)

シーズン1は2016年に既に放送し、大成功を収めました。日本でもHuluやDVDなどで鑑賞することができます。ご興味のある方は是非お試しください。

スポンサーリンク

代理母で子供を授かった背景とは?

日本と違い、アメリカ合衆国では不妊症で子供が生めない人に対し、代理母による出産が認められています。不妊症とは「12カ月間、避妊しない性交渉をした後でも妊娠しない」ことを言います。不妊症の原因は男性と女性の双方にあり、原因は様々で複雑ですが、アメリカでは6組に1組のカップルが、不妊症だと言われています。

そんな中、体外受精や代理母による妊娠出産の経験を公にしている著名人がアメリカを中心に増えてきており、サラ・ジェシカもその一人。37歳で第一子を授かったサラ・ジェシカはその後長らく不妊症に悩み、彼女が44歳の時に双子を代理母で授かりました。非常に長い道のりで、初めて病室で対面した時の感動は今でも忘れられない、と言います。

プライベートをあまり公開しないサラ・ジェシカですが、現在も夫と三人の子供たちと温かい家庭を築いています。

サラ・ジェシカ・パーカーとその家族 引用元:https://media1.popsugar-assets.com/files/thumbor/G7nnrwNW4Jy3Wld2pPpAaDDgKQE/fit-in/1024×1024/filters:format_auto-!!-:strip_icc-!!-/2017/05/25/871/n/1922398/5b9623eee17fda8a_GettyImages-672024960/i/Sarah-Jessica-Parker-Matthew-Broderick-Family-Pictures.jpg

まとめ

  • TVドラマシリーズ「ディボース(Divorce)」で、サラ・ジェシカは、離婚という事態に、ただ感情的になったり諦めたりするのではなく、新しい道を探す現代女性らしい姿を魅力的に演じている。
  • 最初の出産以降、長く不妊症に悩んでいたサラ・ジェシカは、44歳の時に代理母で双子を授かり、現在は3人の子供たちと夫と共に、温かい家庭を築いている。

現代女性が直面する仕事、結婚、出産、子育てというのは、国を超えて共通の悩みです。女性に新しい生き方と影響を与えてくる、サラ・ジェシカ・パーカーのドラマでの演技や生き方に今後も注目していきたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする