カルバン・クライン出演から高年収へ。マーク・ウォールバーグ、若い頃からの成功の秘訣とは?

スポンサーリンク

若い頃カルバン・クラインの下着モデルを務め、映画「テッド」などの代表作で知られる俳優マーク・ウォールバーグ。50歳を過ぎた現在、新たなキャリア構築に向け、より成熟した役柄に抜擢されるようになってきた彼ですが、長者番付で上位にくるほどの年収をもつ、ハリウッドきってのセレブであることをご存知ですか?彼の成功の秘訣とは何なのでしょう?今回はマーク・ウォールバーグ若い頃を振り返り、その魅力について見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

マーク・ウォールバーグとは

マーク・ウォールバーグ(Mark Wahlberg)は1971年生まれのアメリカの俳優、プロデューサー、実業家。9人兄弟の末っ子で、貧しい家庭で育ったといいます。若い頃は、ドラッグ、暴力問題、人種差別など、一時は刑務所ゆきとなり、色々と問題の多い若者であったことが知られています。その後、ラップバンドを形成し歌手としてデビュー。「グッド・ヴァイブレーションズ」は大ヒットし、1991年にはビルボードのシングル・チャートで1位を獲得したほど。

1994年には映画デビューを果たし、俳優へ転向。1997年には「ブギーナイツ」、2006年には「ディパーテッド」の演技も高く評価され、アカデミー賞やゴールデングローブ賞にノミネート。更には2010年に自身が主演と製作を手掛けた「ザ・ファイター」がアカデミー作品賞にノミネートされるなど、プロデューサーとしても実力と手腕も認められる多彩な方です。

マーク・ウォールバーグといえば、筋肉質な体型で有名ですね。役作りのための肉体改造も精力的に行っており、インスタグラム等に投稿している動画をみてトレーニングに励む男性も多いそう。私生活ではレア・ダーハムと結婚し、4人の子供がいる父親。顔立ちがマット・デイモンに似ており、ファンから時々間違えられることもあります。

若い頃―カルバン・クラインの広告モデル―

冒頭で述べた通り、若い頃ラッパーだったマーク・ウォールバーグ。ラップバンド「マーキー・マーク&ザ・ファンキー・バンチ」のリーダーとして1991年にデビューし、若者の間で大ブレーク。翌年の1992年、当時のスーパーモデルだったケイト・モスと一緒にカルバン・クラインの広告に登場し、ジーンズを腰穿きにしてブリーフを見せるファッションを披露。

この腰穿きトレンドは全世界に大インパクトを与え、メンズのファッションを永遠に変えたとも言われています。当時の映像、下記よりご覧下さい。

驚きの年収

マーク・ウォールバーグはハリウッド内でも有数の高収入者として有名です。2020年度米フォーブス誌が選ぶ収入別俳優ランキングで、マーク・ウォールバーグは5800万ドル(約62億円)で第三位にランクインしています。過去2017年には年間で6800万ドル(約74億円)を稼ぎ、首位に輝いたこともあります。

マーク・ウォールバーグの出演料は、映画の成績に左右されない固定報酬であったこと、俳優やプロデューサー業の他に、いくつかのフランチャイズブランドを所有していること、アスリート向けのビジネスを展開していること、飲食店の経営など、様々な事業を展開していることも、彼の年収に影響していると思われます。

俳優業では念入り役作りに専念し、プロデューサー業では撮影準備はもちろん、全体の統括といったリーダーシップが求められる中で、人をうまく使う。マーク・ウォールバーグは人付き合いがうまい、と言われています。優れたコーチにもなれるし、優秀なプレイヤーにもなれる。そして、成功するには優秀なスタッフが必要だとわかっている。自分自身をよく理解し、どう振る舞えば物事がうまくいくのかを心得ている。それが彼を成功に導いているようです。

まとめ

  • マーク・ウォールバーグは若い頃にカルバン・クラインのイメージキャラクターに起用され、メンズファッションにインパクトを与えた。
  • 俳優年収ランキングで上位にランクインする、ハリウッド屈指のセレブ。
  • 若い頃は問題児であったが、努力の末現在の成功を収め、現在は4人の子供の父親。

「年齢を重ねることを受け入れる。それが楽しく、また自分が尊敬すべき人たちの恩恵があっての自分」と語るマーク・ウォールバーグ。最近、年齢と共に素敵だなと思うセレブたちは、男女共に年齢を重ねることを誇りにし楽しんでいる、という共通点があるように思います。

若い頃問題児であったことは、消される過去ではありませんが、人は変わるもの。更生また成長し幸せになり、年収長者番付にのるような人物になることさえできる、ということを実現したマーク・ウォールバーグは、多くの人々に希望を与えています。彼の影響で、カルバン・クラインのパンツを履いている男性はかなりいる模様。マーク・ウォールバーグ、今後の活躍にも注目です。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました