硬度が高くても水が飲める国はどこ?―海外の水が飲めない理由―【旅行と海外生活】

役立ち情報
スポンサーリンク

海外旅行先で、「水道水は飲めないです」あるいは「水道水を飲むことはオススメしません」と言われたことがあるかと思います。なぜ海外では水道水が飲めないのでしょうか?日本以外にも、水道水が飲める国もあるのでしょうか?今回は、海外の水に関する基礎知識と水道水が飲めない理由について、見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

海外の水事情

欧米諸国を始め、海外の国々の水はマグネシウムやカルシウムを多く含む硬水。ミネラルが豊富で健康的ではありますが、慣れないと体調が悪くなったり、肌荒れを起こしたりと厄介。

WHO(世界保健機構)による、水の硬度の基準値

軟水  0~60mg/ℓ未満

中硬水 60~120mg/ℓ未満

硬水  120~180mg/ℓ未満

超硬水 180mg/ℓ以上

各国のお水の硬度を見てみると、オランダは硬度142mg(硬水)、フランスは硬度280mg(硬水)、アメリカの多くの都市では硬度30〜120mg(軟水)、オーストラリアのブリスベンでは硬度140mg(硬水)、シドニーは硬度45mg(軟水)、中国の北京は硬度360mg(硬水)。海外イコール硬水ではありませんが、目的地に応じて対処が必要です。

海外の水が飲めない理由

水の硬度が少し高いくらいであれば、水道水を飲んでも大丈夫なのですが、国によっては硬度の問題以外に、衛生的な問題が潜んでいる場合もあります。個人的な経験ですが、とあるアジアの国を訪れた際、ホテルは一流でしたが、お風呂に入ろうと蛇口をひねったら、茶色い水が出てきたことがありました。スタッフに聞いてみたところ、前日に大雨が降ったのが理由との回答でした。このように、水道管理の仕組みやインフラ事情が国によって異なる為、水の硬度が高い上に衛生状態が悪い為、水道水が飲めない、といった事になるのです。

しかしながら、水道水が飲める街や国もあります。オーストラリアのシドニーやスウェーデンのストックホルム滞在中は水道水を飲んでいました。海外での飲料水はペットボトルの水を基本に、それぞれの国の上水に対するインフラや衛生管理を確認の上、対応するのが良いかと思います。世界の水に関する情報、下記サイトでも詳しく解説していますので、合わせてご覧ください。

世界の水の硬度

水道水が飲める国は15か国?日本と世界の水道水のいま

まとめ

  • 海外で水が飲めない理由は、水道のインフラや衛生管理の問題による。
  • 硬度が高くても、衛生状態が良ければ水道水が飲める海外の国もある。
  • 海外で水を飲む際、基本はペットボトルで。

今回は海外で水が飲めない理由を振り返りながら、水の硬度と共に、海外の水事情について見ていきました。海外旅行でお腹を壊すことがあるかと思いますが、水自体よりも料理やその保存方法、食器の衛生状態が関係している可能性も考えられます。個人的な体験ですが、過去北欧滞在の際、他国のメンバーは問題なかったのですが、私だけお腹を壊したことがありました。コップやフォークなど、たまたま食器が衛生的ではなかったのでは?と言われました。

逆に衛生状態があまり良くない国での滞在が長くなると、最初はお腹を壊していても、だんだん体が強くなるようで、体調不良が減っていきました。人間の適応力とはすごいものです。また、シャワーの水が透明でなかった際、そんなに気になるなら海で泳いで洗浄してこい、と現地の人に言われたことがあります。皆様、水の惑星「地球」での生活、是非楽しんで下さい。

 

補足:旅行と海外生活に関する他の記事は下記の通り。合わせてご覧下さいませ。

海外の水は肌荒れの原因に!―海外でのスキンケア対策―【旅行と生活】

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました