ジャスティン・ビーバーの凄さはヘイリー(幼なじみの妻)にあり!?(ジャスティン知恵袋)

スポンサーリンク

若者を中心に多くのファンから支持される、カナダ出身の世界的なアーティスト、ジャスティン・ビーバー。10代で成功を収め、トップスターへの道を駆け上がっていったジャスティン・ビーバーは、私生活での苦労や悩みを抱えながらも、現在も情熱的に活動しています。その凄さには、幼なじみである妻との出会いが関係しているのでしょうか?今回はジャスティン・ビーバーの凄さと、妻との出会いから現在に至るまで、知恵袋形式で見ていきます。

スポンサーリンク

ジャスティン・ビーバーとは

ジャスティン・ビーバー(Justin Bieber)は1994年生まれのカナダのポップミュージシャン、俳優、シンガーソングライター。10代や20代の若者を中心に、幅広い年代から支持される、世界的アーティストです。独学でギターやピアノを学び、12歳で地元のコンテストに参加してNe-Yoの「So Sick」をパフォーマンスし2位を獲得し、YouTubeに動画を投稿して注目を集めた後、現在のマネージャーのスクーター・ブラウンの目に留まり、14歳でアイランドレコードとの契約に至ります。

2009年11月にリリースされたファーストEP「My World」はプラチナディスクに認定され、Billboard Hot 100でのデビューアルバムに収録された7曲全てがチャートイン。その後も様々なヒット曲を出しているジャスティン・ビーバーは、史上最も売れたアーティストの一人、と称えられています。

ジャスティン・ビーバーのファンは「Belieber(ビリーバー)」と呼ばれ、Twitterのフォロワーは1億人以上、2012年にフォーブス誌が発表した「世界で最もパワフルなセレブ」で3位に選ばれるなど、影響力の強い若者として、世界中の人々から注目されています。妻は幼なじみでモデルのヘイリー・ボールドウィン。

  • 知恵袋:ジャスティン・ビーバーは、独学でギターやピアノを習った。
  • 知恵袋:ジャスティン・ビーバーは史上最も売れたアーティストの一人
  • 知恵袋:ジャスティン・ビーバーはTwitter やInstagram 始め、発信力や影響力が大きい。

ジャスティン・ビーバー、妻ヘイリーとの馴れ初め

ジャスティン・ビーバーの妻は、ヘイリー・ボールドウィン(Hailey Baldwin)。二人は2019年に結婚。二人の出会いは、2009年のヘイリーの父親(俳優のスティーヴン・ボールドウィン)によるもの。元々、家族ぐるみでのお付き合いしていた、幼なじみ同士です。

2011―2012年、セレーナ・ゴメスとジャスティン・ビーバーがカップルとなった際も、ヘイリーは二人を応援しています。2014年にはクラブの夜遊び、ディナー、教会など、様々な場面を共有の友人たちと共に過ごした二人ですが、13-14歳の頃からの仲の良い友人で、男女の交際ではないと否定していました。とはいえ、2014年の年末や2015年のバケーションを一緒に過ごす仲であった為、噂は絶えず。

そんな中、2016年新年に、ヘイリーとキスをしている写真を、ジャスティン・ビーバーが投稿。年明けと同時に、隣にいる人とキスをするのは欧米では一般的な習慣ですが、スキャンダルは最高潮に。交際を二人は否定しましたが、ジャスティンはGQ誌にヘイリーのことを「すごく愛している人。多くの時間を一緒に過ごしている」と説明。一方でヘイリーは「この年齢の恋愛って複雑でしょ。二人だけの特定の関係ではない」と語った。

その後2019年7月、レストランでの食事中に、一般客の前でジャスティンがヘイリーにプロポーズし、ジャスティン・ビーバーは数日後にインスタグラムで婚約を報告。9月には法的な婚姻手続きを行った、と言われています。

  • 知恵袋:ジャスティン・ビーバーと妻ヘイリー・ボールドウィンは、幼なじみ。
  • 知恵袋:ジャスティン・ビーバーとヘイリーは家族のような友人であった。
  • 知恵袋:妻ヘイリーはモデル。

ジャスティンビーバーの凄さとは?

音楽に対する才能のみならず、自身の体験を音楽に繋げ、人の心に届く歌詞や歌声を届けることができる。自身の生い立ちや起こっている最悪の状況に対し、向き合い、考え、乗り越える。結果を振り返り、周囲への愛に感謝する。ジャスティン・ビーバーの凄さは、その生きる姿勢にあるようです。人々が憧れ、尊敬されて、ジャスティンの生み出すもの、例えばファッションブランドや髪型などの人気に繋がっている、と思われます。

ジャスティン・ビーバーのインスタやツイッターは、フォロワー内ではいつも話題になりますが、彼が何を感じ、どう考え、問題を乗り越えたのかが、伝わってきます。ジャスティン・ビーバーの投稿(英語)を日本語訳している方がいらっしゃるので、興味がある方はご覧下さい。

ジャスティン・ビーバーが若くして大成功した後の苦悩を正直に綴った長文をポスト。その内容が感動的。

妻ヘイリー・ボールドウィンは、とても我慢強く思いやりのある女性で、幼なじみであり親友であるジャスティン・ビーバーを、ありのままの受け入れて愛した、といわれています。それにより、ジャスティン・ビーバーは、自己肯定が高まり、2019年には本格的にカウンセリングや診断を受け、復帰を遂げました。

ジャスティン・ビーバーは、若いころから世間から注目を集めてハードなスケジュールをこなしてきたため、ゆとりのある暮らし、規則正しい生活を意識することも難しかったのかもしれません。ヘイリーの存在が、休息を定期的にとったり、家族の時間を設けたり、健康的な生活を送る為の努力を、促しているようです。

  • 知恵袋:ジャスティン・ビーバーは、自身の体験を音楽に繋げ、人を感動させるのが凄い。
  • 知恵袋:ジャスティン・ビーバーは、自身の困難に向き合い、どう乗り越えたのか、分析して発信し、人を感動させるのが凄い。
  • 知恵袋:ジャスティン・ビーバーの凄さは、幼なじみである妻ヘイリーの精神的支えによるものが大きい。

まとめ

  • ジャスティン・ビーバーは、自身の体験を音楽に繋げ、人を感動させるのが凄い。
  • ジャスティン・ビーバーは、自身の困難に向き合い、どう乗り越えたのか、分析して発信し、人を感動させるのが凄い。
  • ジャスティン・ビーバーの凄さの秘訣は、幼なじみである妻ヘイリーの精神的な支えが大きい

ジャスティン・ビーバーの更なる活躍に、注目していきたいですね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました